t_20_5

課題解決トップ | 小売業 | 警備業 | 不動産業 | 製造業 | サービス業

企業がかかえている課題とは何でしょうか?改善すべき課題も山積しています。その中でも人材素行調査、企業調査に関わることはとても重要視されています。

サービス業 現在日本のサービス業は約450種類。

情報サービス業・代行サービス業・快適提供サービス業など、最近では新たなサービス業が出現し、内容は多種・多様にまで及んでいる。サービス業の成長は時代の先取りと時代を映し出す鏡とまで言われている。

課題 1) 景気低迷、カジュアル化の流れに逆らえず年々売上が低迷しています。

2)少子高齢化の進行は将来の人材不足の招来を危惧させ ている。

3)労働時間に於いても、他産業と比べ極めて長い実態にあり、 実質的な拘束時間 も考慮すれば過酷な長時間労働が多い為、魅力度の低下が加速している。

4)人材の流動性が高く、人材育成の評価や情報の仕組みが弱く、優秀な人材が定着しない。

このような観点で何を検討すべきかわかりません。

解決策  ものづくりについては、技術や線製品開発、生産管理等について様々な資料を目にしますが、サービス業について書かれたものは少ないように感じます。平成27年2月に経済産業省が公開した「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」に目を通してはいかがでしょうか。具体的な手法や経営革新の実践例、ビジネスモデルを考えるワークシート等、参考になりそうです。

探偵社の調査結果は正しい判断の目安になります。

解決できない場合のリスク  ・顧客からの日常的な要求に対して、情緒的消耗感と脱力感が増加する。

・上司、顧客からのクレームは自分自身への全否定ではないか、、というジレンマ。

・マニュアル通りの心の通わない対応、交渉力不足、クレーム対応不備。

・従業員の何気ない会話からの情報漏洩、人材流出リスク。

詳しい情報はこちらまでお問合せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

詳しい情報はこちらまでお問合せください。